駐車場の経営 | 賃貸経営の秘訣【これであなたもリッチなオーナー】

駐車場の経営

電卓

駐車場経営と土地の有効活用について

駐車場経営は遊休地の有効活用と初期投資が少ないので、投資初心者にはもってこいの資産運用である。平面駐車場の場合は、初期投資ゼロで活用することも出来る。立体駐車場の場合、設備を充実させる必要もあるが、不動産を立てる場合に比べるとそれでも圧倒的に抑えられる。また駐車場は借地借家法の適用対象外なので、事前通告のみで利用者を立ち退かせられる。 よって、駐車場経営を辞めて土地の売却やマンション建設・相続税における物納など他の活用への転換も簡単である。 駐車場経営には賃貸住宅よりも経営パターンが多彩である。自分で経営する場合と専門会社に運営と管理を委託する場合である。運営も無人や時間限定・管理人常駐などニーズに対応した様々経営スタイルで駐車場経営をするのが可能である。

投資の人気の秘密について

月極駐車場は一台ごとに契約金額が決まっており、契約金額以上の売上が上がらない。だが、一度契約をしたら継続的に収入を得られる。 コインパーキングの駐車場経営だと、15分や20分と言った短時間で利用者が払う駐車料金が主な収益である。 時間単位なので、条件が整えば稼働し続け、高収入に繋がる。 また、修繕費がほとんどかからないのが魅力的である。 都心のコインパークならアスファルトを敷かなければいけないが、都心から離れた立地では小石を敷き詰めてロープで区画整理をするケースも多数ある。それだけなので初期投資額が抑えられるというメリットがある。 また一番重要なのが立地である。大通りに面している。周囲に集客施設がある。路上駐車を多く見かける。車庫のないマンションがある。敷地から道路への移動が可能。などの条件を満たす場合、駐車場経営に向いている土地である。